忍者ブログ

ビスケット通信

小説(とたまに絵)を書いてるブログです。 現在更新ジャンルは本館で公開した物の再UP中心。 戦国BASARAやお題など。

カテゴリー「おしらせとか戯言とか」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

飴色日和後編



「誰と一緒に帰るんだい?」「誰と一緒に帰るんですか」
「…え?」

綺麗に揃って聴こえた言葉に、頭がくらりとした。
「(こういう時は息が合うんだよな…。いつもこうならいいのに…)」



*―*―* 飴色日和後編 *―*―*



「もちろん僕と帰るんだよね?」

雲雀は笑顔だが、目は笑ってない。

「いえ、僕と帰るんですよね?誘ったのは僕が先ですから」

骸の言葉に雲雀はまたカチリときたらしく、綱吉を後ろから抱きしめ骸を睨む。

「君、何言ってるの?綱吉は僕と帰りたいに決まってるじゃない。そうだよね、綱吉?」
「うわっ!…って…オレどっちかと帰るのは決定済みなんですか?!オレに拒否権とか」
「無いよ」「無いですね」

またもや綺麗に揃って二人同時に否定された事に、綱吉はガクッと項垂れた。

「…はぁ」

とはいっても雲雀に抱きしめられているので、首をぐったりと曲げたくらいだが。

「(無いんですか…つーか心読まないでよ…リボーンじゃないんだから)」
「貴方は分かりやすいですからね」
「顔に書いてあるよ」

え?マジ?顔に書いてあるのっ?!とばかりにびっくりし、顔を擦る。その様子を見て雲雀がクツクツと笑った(その隙に綱吉が逃げようとしたが駄目だった)。骸もクハハッと独特の笑い声を上げている。

「綱吉…例えだよ」
「実際顔に書いてはありませんから、ご安心下さい」

とんでもなく大きな勘違いをしていた事に気付き(普通は気付くが)、恥ずかしさに綱吉の顔は真っ赤になった。それはそれは可愛らしく。

「綱吉君…」
「(…?なんか骸の頬赤いんだけど…風邪…かな?)」

それは風邪でもなく、ただ単に真っ赤になって恥ずかしがっている綱吉が原因である。
もちろん綱吉がそれに今気付く事は無い。

「綱吉…」
「???」

雲雀も同じ理由で頬が少し赤い。

そして二人同時にゆらりと綱吉に近づいた。

「な…何?」

綱吉はガタガタと震えそうになるが、なんとか抑えている。

「綱吉…今日こそ僕の物になりなよ」
「…は?」
「綱吉君、契約より契りを僕と交わしましょう」
「ち…ちぎ…?」

訳が解らず綱吉がおろおろしていると、二人が相手をチラリと見る。

「「(コイツさえいなければ…)」」

…両者考えている事は同じだった。

「六道骸…君、ストレート過ぎるんじゃない?だから綱吉に嫌われるんだよ」
「クハハッ!貴方こそ遠回しに言い過ぎなのでは?」

最初に攻撃に出たのは雲雀だったが、骸は笑顔に勝ち誇ったように雲雀に反撃をする。
二人の間に挟まれた綱吉は、火花がバチバチと発生しているのが見えるような気がしてきた。

「(なんか逃げたほうが良さそうな気がする…本能的な危機感みたいな…)」

綱吉の超直感が生命の危機を知らせていた。だが、現在は雲雀の腕の中。脱出は不可能に近い。いや、不可能だ。


「僕はじっくり進める方でね」

雲雀は今にも武器を振り回しそうな殺気だ。それに対して骸は笑顔で言葉を返す。

「そんな臆病な恋愛の仕方だから貴方はいつまでたっても綱吉君を手に入れられないんですよ。僕のように積極的にならないと」

クフンと誇るように骸が笑えば、雲雀のこめかみがピクリと引くついた。
雲雀のその変化を確認した骸は、更に上機嫌でびしりと言い放つ。


「貴方のような恋愛一年生に何が出来ぐふっ?!」

びしりと言い放つ前に雲雀のトンファーが骸の額に痛恨の一撃をクリティカルヒットさせた!

「なっ何なんですか!!人の話は最後まで聞きなさいと教わらなかったんですか?!」

額から血をだらだらと流しながらめそめそと泣き出した骸に、綱吉は哀れみの視線(一瞬)を向けた。

「ちょっ…雲雀さん!ダメですよっ!」

咎めるように綱吉が雲雀に声をかけたのを見て、骸の表情がぱあっと明るくなる。

「そうですよ、人を傷付けてはいけませんと習わなかったんですか雲雀恭」
「雲雀さんのトンファーが汚れるじゃないですか!」
「…あぁ、そうだね」

ごしごしと雲雀はトンファーに付いた血をハンカチで拭う。そして近くのゴミ箱へ投げた。

「ちょっと!僕をバイ菌か何かと勘違いしてませんかっ?!」
「「うん」」

二人同時に頷かれ、骸は自称ガラスのハートにキズがついたらしい。

「綱吉、後で手洗いとうがいちゃんとしようね」
「はい」

「だから僕はバイ菌じゃないで」
「煩いよ南国卑猥果物」
「黙れ変態パイナップル」
「…っ!!」

「綱吉、帰るよ」
「はい、雲雀さん!」


泣きながら走り去っていく骸は、今度こそガラスのハートが粉々に砕けたとか。




END


▼あとがき▼
いつの間にかギャグ話に…。骸がー(笑)
PR

飴色日和前編



「綱吉君!」
「え?」

学校が終わり、綱吉が下駄箱に上履きを仕舞っていると、いきなりかけられた声に驚き、その声のした方向に振り向く。

青の髪。
左目が髪の毛と同じ青。
もう片方の右目は赤のオッドアイで、六の文字が浮―――…ここまできたらあの人しかいない。

「む…骸?」
「はい」

綱吉が名前を呼べば、にこりと微笑む。
ボンゴレ霧の守護者、六道骸が立っていた。



*―*―* 飴色日和前編 *―*―*



「…骸がなんでここに?」
「クフフ…貴方に会いに来たんですよ」

綱吉が呆れながら聞けば、骸は怪しげな笑みを浮かべながら答える。
そしてカツン…カツンと、靴音を立てながら、ゆっくりとした足取りで綱吉に近寄って来た。
嫌な寒気がし、綱吉はぎゅっと制服の裾を握りしめる。

「さぁ、一緒に帰り」
「嫌だ。」
「即答で拒否ですか…」
「…つーか、ここ並盛中なのになんで骸がいるんだよ?どうやって入って来たんだよっ?!」

綱吉に次々と湧いてくる疑問を骸にぶつけと、骸は笑顔になる。

「クフフ…簡単ですよ…梟になって空」
「それ駄目だからっ!」
「…だって貴方の為に」
「それでも駄目っ!」
「…はぁ……そうですか、次からはちゃんと門から入ることにします」

綱吉のツッコミに、骸は口元を引きつらせながら反省の言葉を述べた。
最近骸のやることはストーカーに近い気がする…と、綱吉は思う。否、確定。

「第一骸は黒曜中の生徒だから入れないだろ…」
「大丈夫ですよ。並中生を襲えば、制服なんて簡単に手に入りますからね。あぁ、顔なんて教師は一々覚えていませんよ」
「……」

さらりと話す骸に、綱吉はもう慣れたとばかりにあきれ果てている。

「(なんとかしてでも俺に会いにくるって…全く、骸や獄寺君とか無茶苦すぎるよ…)」

はぁ…とため息を一つ溢し、ふと過った嫌な予感に寒気がした。

「骸、それに――…」

「綱吉…」

(雲雀さんが来たら…………って……)
と、言いかけたとこで話そうとしていた人物の声が後ろの方から聴こえた。

「ひ……」

ギィィーっと、音がしそうなくらい恐る恐る綱吉は後ろを振り返る。

学ランを羽織り風紀委員の腕章を左腕に付け、真っ黒な髪と同じ吸い込まれそうな漆黒の瞳。
そしていつもより皺寄った眉間の皺が彼の不機嫌さを表していた。

「雲雀さん…」
「やぁ、綱吉」

いつものように、にやぁと笑顔で挨拶した雲雀に、綱吉はため息をつく。
「(……やっぱり雲雀さんだ。噂をすればなんとやらと言うけど…この人噂をする前に現れたよ…)」

「おや…これはこれは…並盛中の風紀委員長、雲雀恭弥君ではありませんか」

にこやかに話す骸に、雲雀は鋭い視線を向けた。
「(……ん?骸と…雲雀さんの組み合わせって…――)」

綱吉の体にゾクリと嫌な感覚が走った。

「…また僕に咬み殺されに来たの?」
「(な…なんか…)」
「クフフ…綱吉君を頂きに来ました」

骸も負けじと笑顔で返すが、そのオッドアイの瞳は笑ってない。

「…咬み殺す」

骸の略奪発言に雲雀は口の端をピクリと引きつらせ、すぐさまトンファーを取り出し構えた。

「クハハハハッ!!望むところですよ」

同じく構える骸に、綱吉は慌てふためく。

「ちょっ…」

二人が戦い始めたら最後。
誰も止められない…だからこそ、綱吉は早く止めないといけないと思い、急いで仲裁にかかった。

「二人共待って下さいっ!」
「……綱吉?」
「……綱吉君?」

二人の間に飛び出た綱吉に、二人は呆けた顔をして動きを止める。

「(…止めたはいいけど…どっ…どうしよ?)」

止めた後を考えていなかった綱吉は、冷や汗をかきつつも無い頭をフル回転させる。…が、結局無い頭ではどうしよもなく、良い案は浮かばなかった…

「えっと…喧嘩はやめて下さい…ね?」

とりあえず止めるように言い、雲雀を見ては骸を見て、また雲雀を見る。
そのオロオロとした様子に雲雀は頬を染め、口元に手を添えそっぽを向く。骸も同じく頬を染めている。綱吉は尚も二人を見上げ続けた。

「……ま、まぁ…綱吉君がそう言うなら止めましょうか」
「うん…仕方ないね」
「はぁ…」

「(良かったーこんなとこで喧嘩始めたら明日から学校来れなくなっちゃうよ…)」
良かった良かったと安堵の息をつくも、嵐は更に悪天候へと変わる。


「で、綱吉」
「綱吉君」

「は…はい…?」

二人に呼ばれ、綱吉はびくりと肩を震わせた。

「(な…なんだ…?背中に寒気がっ!凄く嫌なっ予感が…)」

振り返ったら最後というような感覚。…実際振り返っても振り返らなくても結果は同じだからと振り返ってみた綱吉は、二人の顔を見た途端ひぃぃっと声を出しそうになった。笑顔だが青筋が浮かび目が笑っていない。

「誰と一緒に帰るんだい?」「誰と一緒に帰るんですか」
「え…(誰と…って…)」

綺麗に揃って聴こえた言葉に、頭がくらりとした。




NEXT


▼あとがき▼
長くなりそうなので分ける。後編か中編に続くと思う。

嘘つきな人


『嘘つきな人』



綱吉は執務室の窓から外を眺め、ため息をつく。

「ふぅ…」

今日も相変わらずリボーンが大量の書類の山を置いていった。

しばらくは書類を片付けていたのだが、飽きてしまいこうしてサボっているのだ。
「仕事に飽きた飽きないなんて言っていられるか」とリボーンは言っていたが、はっきり言って綱吉はこの仕事に向いているとは思っていない。
ボンゴレのボスに君臨してから一年。昔のようなダメツナさはリボーンのおかげで幾分か治ったが、相変わらずサボり癖は抜けてなかった。

「眠い…」

春はもう終わりだというのに、暖かな陽射しと気候で、ふわぁ…と呑気にあくびをすれば、瞼が重くなってくる。
もう少しで閉じそうになったとこで、ハッと目を大きく開く。

「いやいや!仕事しないと!」

よし!と綱吉は気合いを入れ、ふかふかの椅子に座り上質な羽ペンを手に取った。インクにを浸け、リボーンに教え込まれた美しい筆記体の文字を、さらさらと書類に書き込んでいく。
30枚もサインすれば、またもや飽きてきて、さらには眠気までが襲ってきた。

「も…もう駄目…」

ぷつりと琴線が切れたように、バタリと綱吉は机に突っ伏した。





リボーンは嫌な予感がして、綱吉の居る執務室へ向かう。

(あいつまたサボってるんじゃねえだろうな…)

呆れたようにため息をつき、分厚いドアの前に立つ。一寸の隙も無く着こなしたスーツの内ポケットから、綱吉が居る執務室の鍵を取りだした。

(…堅苦しいな)

ふっと笑い鍵を仕舞えば、リボーンはドアを思いっきり蹴り飛ばした。

「・・・」

蹴り飛ばし吹き飛んだドアも気にせずに、部屋の中へずかずかと踏み込んで行っても、綱吉は起きる様子は無い。
相変わらずすやすやと眠り続ける綱吉に、また一つ呆れたため息をついた。

「…バカツナが。てめえは無防備すぎだ」

出会ってからずっと変わらない無防備さに、ほとほと呆れる。
ツカツカと机に歩み寄って行き背を屈めれば、すやすやと眠る綱吉の頬に軽く口づけをした。

「ばーか」

皮肉じみた笑顔で嫌みを言えば、山のように積まれた書類の半分程を持ち上げて、そのまま部屋を出て行く。


ドアが閉まり足音が遠退いていくのが分かると、綱吉はぱちりと目を開けた。

「…馬鹿はどっちだよ」

呟いた綱吉の顔は、夕焼けだという理由を差し引いても、頬は紅色に染まっていた。
顔を上げて、書類に目をやる。その数が半分近く減っている事に気付き、ふにゃりと笑う。

「全く…リボーンは素直じゃなんだから」

のびーっと思いっきり伸びをして、羽ペンを手に取り、書類を片付け始めた。

「よし!頑張ろう!」






「そっちこそ素直になれ」

書類を抱えて廊下を歩くリボーンは、いつもにも増して上機嫌だった。

(狸寝入りが俺に通用すると思ったか?全く、いつまでもダメツナだな)


素直になれない二人が素直になれる日は、そう遠くはない。




END



▼あとがき▼

初、10年後リボーン登場。そしていつもより短い。
というか…珍しく出来るだけ甘くしないようにしてみた。…危うく甘くなりそうだったから、リボーン帰らせました…。それでもやっぱり甘いのだけれど。
またリボツナ書きたいな…。


次回作予告(担当→雲雀)

やぁ…トップバッターに僕を指名するとは、ここの管理人も良い度胸してるね…後で片付けておかないと


じゃあ、特別に次回予定を書くから、君達ちゃんと読みなよ。しっかり読まないと…分かってるよね

タイトルは「空振り」の予定で、内容は僕が沢田にアタックするために野球勝負をする馬鹿馬鹿しい話
…嫌だよ。僕が野球なんてくだらない事するのは。

それにここの管理人気まぐれだからね。次回予定とか発表しておいて違うの出しそうだよ

まぁ…明日か明後日には出るんじゃないかい?当てにならないけど
どちらにしろ、僕としては風紀を乱さない程度にしておいて欲しいね


次の次回予定担当は…変態ナッポーにしようか
いい加減にあの万年サンバの腐った考えをどうにかして欲しいね

そういえば管理人はこの僕に受けをやらせようと奮闘してるみたいだよ

…まさか君達、僕は受けキャラだとか思ってるの?馬鹿じゃないの
僕はヤられるよりヤル方なんだけど
ここの管理人も君達も、ナッポー並に頭腐ってるね
(そりゃあ腐女子ですから☆)
…今さら管理人登場とか鬱陶しいから、今回はこの辺りで引き上げるよ


(さて、次回作頑張るぞー♪)

お詫び

お久しぶりです
堕天使エレナ再降臨です

しばらく更新出来なかったのはいきなりネットが繋がらなくなったのですよ…

だからジャンル別け出来ないっ!(汗)
なのでこれからしばらくネットが復活するまでは週一の更新になりそうです

…しかもジャンル別け出来てないので
サイドメニューの最新の更新履歴をクリックしていただくことになりそうですっ

皆様にはご迷惑おかけします(涙)

えっと、これからもちょこちょこと更新していきますので、宜しくお願い致します!

あ、タイトルにヒバツナとか書くのでご安心を♪

しかもこれからはヒバムク小説とかムクヒバ小説入るかも…
まぁ、予定ですので実際はわからないですが、このCPが好きになりました♪


それでは、またお会い出来る事を願って…

2009▼4▼12
堕天使エレナ

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール

HN:
堕天使エレナ
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵描き 執筆 読書 ゲーム 寝る 妄想 便せん作り
自己紹介:
うえのイラスト画像はいただきもの。
オンラインでは執筆を
オフラインではイラスト中心に活動中デス
ギャルゲー、音ゲー、RPG系、シュミレーションゲームが好き
格ゲーやアクションは苦手

感想・お問い合わせは下記マデ(☆を@に変えてねっ)
datennsierena☆yahoo.co.jp
小説のお仕事、有料無料、業者同人問わず受けます

バーコード

カウンター

アクセス解析

AX
Copyright ©  -- ビスケット通信 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ