忍者ブログ

ビスケット通信

小説(とたまに絵)を書いてるブログです。 現在更新ジャンルは本館で公開した物の再UP中心。 戦国BASARAやお題など。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スイーツぱにっく!04


玄関に背を向け、ツナは重い足どりでリビングに戻った
「どうした、ツナ?」
「あぁ…リボーンか。なんでもないよ…」
ふー…と再度ため息をついて、椅子に座った

ピーンポーン
「はぁ…また誰か来たよ……」
やれやれ…とため息をつきながら、玄関に向かう

ガチャリ
「はーい…ってあれ?誰もいない?」
あたりをキョロキョロと見回すが、誰もいない
イタズラかと思い、ドアを閉めた
「ったく…ピンポンダッシュなんて今時するなよなぁ…」
呆れながらリビングのドアを開けると…


「ツナヨシー♪遊びに来たよ~♪」

バタン
「………」
見間違いかと思い、目を擦ってから、ドアを開けた

ガチャリ

「ボンゴレを偵察に来たよ」

ドアを開けると、顔の真っ正面にマーモンが浮いている。だが、ツッコむ場所はそこではない

「……なんでヴァリァー達がいるんだよーっ?」
「う゛ぉ゛ぉぃ?!俺達がここにいちゃあ悪いのかぁ゛ぁ?」
ガゥーッ!と、威嚇するようにツナを見下ろす
「いやあの…こ…ここオレん家だしっ!つーかいつ入ってきたの!?」
「ふふ~玄関からよー?」
(出たーっ!オカm…いやいや…姉さん)

「え?だってさっきは誰もいなかったはずじゃ…」
「バカかダメツナ。コイツらのスピードがお前の目で見えなかっただけだ」
(ど…どんだけ早いんだよっ!?)
という質問は出来ない

「そ、そういえばレヴィは?見かけないけど」
「…オーストリアに出張だ」
ツナの質問にザンザスはスパッと即答した
「なぁツナヨシ~トランプやらねー?」
退屈そうにしていたベルが、どこからかトランプを取り出す
「う゛ぉ゛ぉぃ!俺も混ぜろぉ」
「うふふ、あたしも~」
体をくねくねさせて近寄ってくるルッスーリアは、少し(いやかなり)気色悪い
「ボクもやるよ。いくら賭けるんだい?」
「うししー♪俺Sランクの報酬2倍分ね」
「じゃあボクは――」
ベルやマーモンは、早速コートからカードを取りだし始めた

「えぇーっ!ちょっ…待ってよ!お金賭けんの?!ただのトランプでしょ?」
ヴァリァー達が掛け金を良い始めたとこを慌てて止める
「あら、どうして?お金を懸けないトランプなんて面白くないじゃないの~?」
「そうだよ。イタリアじゃ当たり前だけど」
「ツナヨシは日本育ちだからしらないんだよねー?あ、そうだ♪」
「な゛っ…何すんだあ゛ぁっ!?」
ベルは、トランプサクサクとをきりはじめたスクアーロからトランプを取り上げた
「しし、大貧民やらね?これなら金懸けなくても面白れーしぃ♪」
ニコニコとしながら、ベルはトランプを配り始める
「うーん…まぁ、いっか…」
(お金懸けないし…多分大丈夫だよね…うん)
ツナは一所懸命自分に言い聞かせた

「う゛ぉぃ…大貧民ってなんなんだぁ?」

配られたトランプの手札を見ながら、スクアーロは呟いた
「…一番最初に上がったヤツが「大富豪」で、一番最後まで残ったヤツが「大貧民」。大貧民になったヤツは、大富豪になったヤツの命令を1つ聞くゲームだ」
命令を一つ聞く、というとこで、ツナの肩がぴくっと震えた
「あの…命令のルールは…無」
「んじゃあスタート♪」
ツナの悲願も聞かれずに、地獄の大貧民はスタートした




大貧民が始まってから15分…

「しししー♪俺大富豪だし♪やっぱ王子だからー?」
「ボクは富豪だよ」
・大富豪→ベル
・富豪→マーモン、
・貧民→ルッスーリア、ザンザス
ここまでが現在の試合結果
そして、スクアーロとツナのどちらかが貧民・大貧民のどちらかになる
「そういえばなんでリボーンは参加しないんだ?」
ふと不思議に思ったツナは、山にダイヤの6を出しながらリボーンに聞いた
「俺はそういった遊びはしない主義だからな」
「あっそ…」
ズズーとコーヒーをすすりながら答えるリボーンは、小さいながらも様になっている
「しししっ!どっちが大貧民かなー♪スクアーロかな?ツナヨシかなー?」
大富豪のベルはウキウキと手を擦りながら、決着がつかないか今か今かと待っている
「ボクはどちらでもいいけど、早く終わらしてよ」
「どっちも頑張ってねぇ~」
「う゛お゛ぉし!これでどうだぁっ!」
バシッとハートのエースを出したスクアーロに、ツナはニコッと笑ってジョーカーを出した
「な゛にぃぃっ?ジョーカーだとぉ?ったく…流すぜぇ…」
ふて腐れ気味にカードを横に流した
「わーい♪じゃあ3のダブル~」
ツナは手札からクローバーとダイヤの3を出した
「「え゛えぇぇ?!」」
ベルとスクアーロは同時に驚き叫んだ
マーモンも口を少し開けて驚いている
ザンザスは無表情なのでよくわからないが、コーヒーを煽っていた動きが止まっている
「ちょっ…ツナヨシ?なんでここで3がでるの?!」
「俺も驚いたぜぇ…」
「理解不能だよ」
驚き顔というより飽きれ顔のみんなに、ツナは首を傾げた
「…??だってなかなかオレ最初になれないから3が残っちゃったんだよ…」
(運悪いな)
(ししし…確かに)
(どうりで3が出ないわけだね)
哀れみの視線を送りながら、二人の勝負を見守った



ツナの手札はあと2枚
(よし…スペードのキングを出して縛りにしたら、きっとスクアーロはカード出せないから、残り一枚の5を出してあがりだぁ☆)
作戦に思考を巡らせ、にたりとツナは笑った
「えいっ!」
ツナは笑顔で、勢いよくトランプの山にスペードのキングを叩きつけた
(勝った~っ!)


思ったが

「つなよしぃ…ごめんなぁ」
スクアーロは、自分の手札を見ながら、ツナに謝った
「えぇっ!?なんでスクアーロが謝るのさっ?」
「うしし♪スクアーロの勝ちー」
「え?え?」
訳もわからずあたふたしていると、スクアーロは手札の残りの一枚をトランプの山に静かに置いた

「嘘おぉぉっっ!?す、すす…スペードのエースっっ!?」

結局
第一回大貧民の結果
大勝者はベル
そして敗者の大貧民は………やっぱりツナ


「嫌だあぁぁぁっ!」
「スクアーロ、足押さえてよ」
「おう…って俺に指図するんじゃねぇっ!」
「ししっ♪完成~」
出来たのは…

ミニスカメイド+猫耳+しっぽ=ツナ

である
「ししっツナヨシ可愛いー」
ムギュッ
ベルはツナを抱き締め、頬擦りをする
「ふ…う゛…う゛ぅ…」
ツナは顔を赤らめ、涙目になりながら必死に耐える
「う゛ぉ゛ぉぃっ!勝ってやったんだから俺にも抱き締めさせろぉっ!!」
ズカズカと近寄ってくるスクアーロに、ベルはくるりとツナごと向きを反らした
「だめー♪だって俺王子だし、大富豪だしー?」
ツナの猫耳つきの頭を撫でながら、ベルはニコニコとしている

「このままお持ち帰りしたいけど、二回戦いこっかー」
「えっ?!」
(おおお持ちかえりっ?っつーか二回戦っ?!嘘だろ?)
「別に構わん」
「ボクもいいよ」
「次こそ俺が大富豪になってやるぜぇぇっ!」
「私は降りるわぁ~」
いつの間にか第二回の開始が決定されていた


「じゃ、じゃあこれ脱いでもいいよね?」
「だーめ♪」
「駄目だ」
「駄目だぞぉ」
衣装を脱ごうとしたら、ベルとザンザス、スクアーロに口を揃えて止められた
「そっそんなぁっ!?」




……地獄の大貧民は続いていく……



**あとがき**
ヴァリアー一味登場
そんで大貧民で遊んでまね…和みまくってるし
まぁツナは和んでないけど(笑)
2月22日は猫の日
なので猫耳メイド着用を王子からの命令にしました☆うしし…凄く可愛いだろうなぁ…
多分二回戦もツナが大貧民で、今度はマーモンが大富豪になって、命令は「にゃんにゃん言葉で喋る」とかだったら…
ぶはっ…想像しただけで萌えるっ!

ここまで読んでいただきありがとうございましたー
クフフ…
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
堕天使エレナ
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵描き 執筆 読書 ゲーム 寝る 妄想 便せん作り
自己紹介:
うえのイラスト画像はいただきもの。
オンラインでは執筆を
オフラインではイラスト中心に活動中デス
ギャルゲー、音ゲー、RPG系、シュミレーションゲームが好き
格ゲーやアクションは苦手

感想・お問い合わせは下記マデ(☆を@に変えてねっ)
datennsierena☆yahoo.co.jp
小説のお仕事、有料無料、業者同人問わず受けます

バーコード

カウンター

アクセス解析

AX
Copyright ©  -- ビスケット通信 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ