忍者ブログ

ビスケット通信

小説(とたまに絵)を書いてるブログです。 現在更新ジャンルは本館で公開した物の再UP中心。 戦国BASARAやお題など。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1000HIT記念小説

もう一つのブログ、クッキィー通信の1000HIT記念に作った小説ですっ☆

※…この小説はCLANNADのキャラを使って作ったパロディ小説です。
著作権等は制作会社様にありますのでっ


それでは~
クラナドパロディ小説をお楽しみ下さい☆



「クラナドクエスト-春原の苦労-」

今日春原達は、武器を買いに、古河武器屋にやって来た。

早苗「いらっしゃいませ~」

あどけない声で春原達を出迎えたのは、古河渚の母、古河早苗さんだった。いつも通り、髪をアップに一つ結びにして、エプロン姿。子供っぽい性格で、泣き虫。これでも20代の娘をもつ母というのには驚きだ。

春原は内心「オッサン居なくて良かった…」と思っていた。

春原「ちっす!早苗さん!また来ました!」

マヌケな声で挨拶する春原。最低の武器に最低の防具を装備している。
杏に「ヘタレにはこの装備がピッタリだわっ」と言われ、冒険を始めてからずっとこの装備だ。そのせいで、いつもすぐやられる。
まぁ春原がもとから弱いのも原因だけど。

早苗「あ、春原さん!こんにちはっ!今日は何を買いますか?早苗特製の、ウルトララッキー(以下省略)がオススメですよっ!」

春原「え…えっと…」

智代「今日は前から目をつけていた「ガッツ12R」が欲しいんだが…」

カウンターにばしっと手をついて、顔を乗り出しているのは坂上智代。銀色の長い髪が美しくな輝いている。

早苗「ちょっと待ってて下さいね~秋生さーん!」

注目を聞くと、早苗さんは小走りに店の奥に消えていった。

春原「それにしても変な名前の武器だよなー…12Rってことは11回改造されたって事か?」

智代「いや、娘が12才の誕生日にオヤジさんが作った武器だから12Rらしい…」

ちなみに娘とは渚の事だ。
杏「それにガッツって…いかにもあのオッサンがつけそうな名前よねぇ…」

春原「だな…」

涼「お…お姉ちゃん…オッサンっていうのは失礼だよ…」

春原「そうだぞ!優しい涼ちゃんの言う通りだ!」
ずごっ!

春原「いってぇぇっ!!なんで僕を殴るんだよっ!」

杏「あースッキリした(あんたはどっちの味方なのよっ…)」

春原「僕を憂さ晴らしの殴り人形かなんかと勘違いしてないですかっ?!」

杏「あれ?そうじゃなかったっけ?」

ガーン…とうなだれる春原。

しばらくして、店の奥から武器を持った秋生が出てきた。

秋生「これが俺様の中では5本の指に入るくらい自慢の品だ。威力は抜群だぜ!なんたってこれを作るのにはなぁ…」

秋生は長々と武器の生い立ちについて語っていたが、5分とたたずにシビレを切らしたのは杏だった。

杏「あーもうっ!ダラダラと長々しくてうざったい!!とっとと行くわよっ!」

カウンターにお金を勢いよく叩きつけ、武器を奪って店を出る。



智代「春原、大丈夫か?」
春原「だ…大丈夫ッスよ…」

春原が持ってるのは、先ほど買った「ガッツ12R」。この武器はずっしりと重い。春原は荷物係(というか雑用係)なので、智代の武器を持っている。

智代「春原…別に私が持ってもいいんだぞ?というか使う私が持つべきではないのか?」

そう言って、春原に智代が手を差し伸べようとした時…

杏「ちょっと智代っ!ヘタレは甘やかしちゃ駄目よ!ヘタレはビシバシとコキ使わないと!」

春原「ぐはっ!げほっ!」

そう言ってビシバシと春原の頭を殴る杏。

涼「お姉ちゃんっ!荷物持ってるのに殴っちゃだめだよっ」

慌てて止めに入る涼。だが杏は「普通の人間にさせるための試練よっ」と言ってさらに蹴る殴る。

ボコボコの春原「いだっ!うがっ!いだーっ!!」

蹴っても殴られても荷物を落とさない春原は、ある意味普通の人間以上なのではないかと思う…

智代「そうなのか…一人前の人間になるために頑張ってたんだな…止めて悪かったな…」

春原「いや助けっごふっ!」

ぱこっ

後ろから自称暗殺者こと風子が木彫りのヒトデで、後頭部を一発殴る。

(自称)暗殺者風子「春原さんはヘタレだから喋っちゃだめですっ!風子、そう本で読みました」

えへんっ…と言い張る自称暗殺者こと風子。

春原「……(早く人間扱いされたい…)」

春原は涙を流しながら、床にドサッと倒れた。
…荷物の下敷きになって。

杏「あんた、それどんな本よ…」
少し呆れ顔の杏。

ことみ「ことみ、今までたくさんごほん読んだことあるけど…そういう本読んだことないから、読んでみたい…」

目をキラキラと輝かせていることみ。

(自称)暗殺者風子「じゃあ今度特別に貸してあげます。岡崎さんはどうしても貸してと言われても駄目ですが、あなたなら構いません。風子、優しい子ですから」

ことみ「楽しみ…」

ことみは、嬉しそうに頬を緩ませた。

杏「あたしもちょっと読んでみようかしら」

涼「お姉ちゃんが読むなら私も読みたいです…

自称暗殺者風子「はわ~…」

ほんわかムードが漂って、風子はあっちの世界に行っている。




春原「そろそろ飯食わねぇ?腹減ったんすけど」

和やかムードを突き破ったのはお約束の春原陽平。いつの間にか復活していた。


春原「お約束ってなんすかお約束って!!まるで僕が空気読めないみたいじゃないスかっ」

杏「事実そうじゃない」

涼「酷いッスねえっ!」

自称暗殺者風子「大丈夫です、風子が空気の読み方教えてあげます。きっと春原さん風子の教え方が上手で、風子を尊敬しちゃいます」

春原「遠慮しとく…(僕って風子以下なのか…)」

泣きながら荷物を持って歩いて行く春原。

ことみ「可哀想…」

杏「案外ヘタレでも傷つつこともあるのねー」

春原「それって僕がまるで鈍感みたいな言い方ッスねえっ!!」

高速で戻ってきた。

杏「春原…あんた、そんだけ走れるんだったら私の荷物も持ちなさいよ」

春原「ちょっ…!」

涼「春原さん…頑張って下さい…」

春原「あははー涼ちゃんの荷物だったらいくらでも持つよー♪」

自称暗殺者「風子の荷物もお願いします」

何か色々入ってて重いリュックを春原に渡す。

春原「がっ………」

重くて何も喋れないヘタレ。

こうして春原は下僕街道を歩いていった…




春原「って歩いてたまるかーっっ!!」

思いっきり手を広げて叫ぶヘタレ。当然荷物は…

バサバサバサッ…
ドサッ…

落ちた。

春原「…あ……」

サーッと全身から血の気が引いていく…



杏「……春原ーっ?」

背後に黒い気配(殺気)を感じた時には、既に殴られて……


完…




春原「って僕が死んだみたいな語りじゃないかっ!!」


杏「あんた死んだんじゃなかったの」

春原「生きてるよっ!!」

ボコボコになったにもかかわらず、ヘタレはまた復活して抗議している。

(自称)暗殺者風子「そうです。春原さんがこんなことでくたばるはずがありません。きっと煮ても焼いても生きてます」

杏「ヘタレは宇宙に放り出しても始末できなさそうね…」

どうしたらいいものか…と、ヘタレの消去法を考える怪しい二人。


春原「普通煮ても焼かれても宇宙に放り出されても死にますから…」

杏&風子「春原(さん)は普通じゃない(です)」

二人に即答されてショックを受けたヘタレ。

智代「きっと大丈夫だ春原。小学校からやり直せばなんとかなると思うぞ」

杏「幼稚園じゃない?」

風子「いっそのこと人生リセットしてみてはどうですかっ」

真顔で3人にアドレスをされてむちゃくちゃヘコむヘタレ。

涼「3人ともフォローになってないよ…かわいそうですよ…」

春原「涼ちゃんはやっぱり僕の天使だよっ!!」

ひざに擦りいて涼に感謝する。ちょっと困惑気味な涼。

杏「じゃあ涼、春原が人間になれるか占ってみなさいよ」

涼「わかりました。それでは占ってみます…」

トランプきり始める。

バラバラバラ…

落としたトランプを拾って、またきり始める。

涼「トランプを一枚引いて下さい」

言われた通りにトランプを一枚引く。引いたトランプを、涼に手渡す。

ちなみにトランプは、ハートの2。

しばらくむーーっと顔を俯かせ、トランプを眺め考え事をしている。

春原「…?」

答えが出たようで、涼は顔をあげた。


涼「ハートは運命…2は成就という意味だと思います…つまり…ヘタレは、いつか必ず治る、ということらしいです…」

春原「………」

涙をポロポロ流す春原。

杏「ぷっ…くふふふ……あーっはははっ!あはははっ!!」

腹を抱えて笑う。
ことみと風子は、首を傾げて不思議そうにしている。
智代は声に出さないよう必死に堪えて笑っていた。

涼の占い的中率は0…つまり絶対外れるということ…

結果、一生ヘタレであろう、ということらしい。

涼「良かったですね!春原さん!」

一人お気楽な占い師涼。



今日も春原は普通の人間になるために努力をしている…

春原「あー…腹減った…」

と思う…



…end…(続くかも?)




…<あとがき>…
こんにちはっ
風子です
いきなりあとがき係に任命されるとはっ!嬉しい限りです
ところでどうして自称暗殺者なんですかっ?!
風子ちゃんと暗殺してます!

…あとがきの話でしたね
春原さんのヘタレっぷりしか書かれてない気がします
風子は小説の中で春原さん酷い目にあわせたいです
とてもわくわくしますっ!
え…
風子は小説書けないんですか…
とても残念です
次回は1111HIT記念です
何を用意したらいいでしょうか


ヒトデなんてどうですかっ!!
ヒトデは貰えば誰でも嬉しいです
はわ~(夢の世界へ…)


……

………はっ!!

それではあとがき終わりですっ


PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
堕天使エレナ
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵描き 執筆 読書 ゲーム 寝る 妄想 便せん作り
自己紹介:
うえのイラスト画像はいただきもの。
オンラインでは執筆を
オフラインではイラスト中心に活動中デス
ギャルゲー、音ゲー、RPG系、シュミレーションゲームが好き
格ゲーやアクションは苦手

感想・お問い合わせは下記マデ(☆を@に変えてねっ)
datennsierena☆yahoo.co.jp
小説のお仕事、有料無料、業者同人問わず受けます

バーコード

カウンター

アクセス解析

AX
Copyright ©  -- ビスケット通信 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ