忍者ブログ

ビスケット通信

小説(とたまに絵)を書いてるブログです。 現在更新ジャンルは本館で公開した物の再UP中心。 戦国BASARAやお題など。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

君はいつも熱を帯びている



**入学式**



今日は高校の入学式。

私は、高校に科学の教師として勤めている。

教師暦7年。今年で30になるが、いまだ独身だ。

周囲からは、ある名前で呼ばれている。


「氷の仮面をかぶった天使」

と。

意味はよくわからないが、30代にもなって王子と呼ばれるのは、少し恥ずかしい。

今日は入学式。教壇に立って8年目になる、最初の1日目。

雲一つない、透き通る空。

さくらの香りが、甘く広がる桜並木道。

緊張と興奮を胸に抱いて、学校に入ってくる新入生達。

4回目に見る光景だ。
1回目は生徒として。
2回目からは教師としてこの光景を見てきた。

何度見ても変わらない光景だと、今まで思っていた。
だが、今年は何か起きるような予感がした。



私は正門に立ち、門を通る生徒達を見守る。

何十人と生徒が通り過ぎていく中、一人だけ目立つ女子生徒がいた。

普通の生徒なのだが、不思議なオーラを放っていた。
吸い込まれるような瞳。
凛々しい顔立ち。
すらりと長い手足。
どれもが輝いて見えた。

何年、いや10年以上忘れていた何かを見ているような気分になる。

ふと、その生徒が足を止め、上を見上げる。
その仕草が、儚さを感じるような感じがした

私もつられて、その先を見る。

桜がひらひらと、紙吹雪のように舞っている。

桜の舞い散る中で佇む少女は、何を思っているのだろうか?


あの少女が、私のクラスに入ってほしい。
ふと、そう思った。

視点を戻すと、少女はすでに歩き始めていた。

私は、少女が見えなくなるまで
後ろ姿を眺めていた。



**†あとがき†**
切ない恋物語を目指しております…
1話目は先生からの視点で書いてみました
次回は女子生徒の視点から書いてみることにします
奇数話は先生、偶数話は生徒の視点で定着すればと思ってます

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
堕天使エレナ
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵描き 執筆 読書 ゲーム 寝る 妄想 便せん作り
自己紹介:
うえのイラスト画像はいただきもの。
オンラインでは執筆を
オフラインではイラスト中心に活動中デス
ギャルゲー、音ゲー、RPG系、シュミレーションゲームが好き
格ゲーやアクションは苦手

感想・お問い合わせは下記マデ(☆を@に変えてねっ)
datennsierena☆yahoo.co.jp
小説のお仕事、有料無料、業者同人問わず受けます

バーコード

カウンター

アクセス解析

AX
Copyright ©  -- ビスケット通信 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ