忍者ブログ

ビスケット通信

小説(とたまに絵)を書いてるブログです。 現在更新ジャンルは本館で公開した物の再UP中心。 戦国BASARAやお題など。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

君はいつも熱を帯びている3

ん…?

あの少女どこに行くんだ?

体育館は左だぞ?
迷子…なわけないよな…

「おはようございます!」
「…ああ、おはよう」

ここから離れる訳にもいかない…

だが…いや、大丈夫だろう。
他の教師が見つけるだろうしな。


入学式が始まる5分前…

いくらなんでもこの時間に来る新入生はそうそういないはずだ。

体育館に、急ぐ。


体育館に入り、教師席へと座った。

「今年は問題児いないといいですねぇ…ん?佐藤先生?キョロキョロしてどうかしましたか?」

隣にいたベテラン教師石田が、私の挙動不審さに気がつく。

--あの少女は…?

辺りを見回し、同じ顔、髪型の女子生徒がいないか探していた

「……いえ、なんでもありません…」

名前を知っていれば、名簿を調べて来たかどうか確認出来るんだが…

「あの、石田先生…髪を腰まで長くおろしてる新入生を見ませんでしたか?」

「わからないねぇ…佐藤先生、その生徒がどうかしたんですか?」

当然、300人近くいる生徒をいちいち覚えているはずはないのだが。

「いえ、気にしないで下さい」

微かな期待も虚しく、入学式の始まる知らせを、チャイムは奏でた。


新入生代表者が、舞台に上がり、語り始めた。

--早く終わってほしい

あの少女の事が頭から離れなくて、新入生代表の言葉なんて、耳に入らなかった。

「石田先生、教師挨拶の後…少し抜けさせて頂けませんか?」

「珍しい…佐藤先生、なにか急用ですかな?」

急用と言われれば急用な気もする。
理由は-…

--あの少女が…不安になっているかもしれないから…

「-…ええ、弟から呼ばれまして。大事な相談があると」

…もちろん、嘘だ。

弟はいるが、大事な相談だなんて今まで一度も受けたことはない。

「…そうですか、じゃあ、私が言っておきますから、佐藤先生行ってきて下さいよ」

なんと優しい先生か…いや、貫禄のある腰の据えた先生だ。
私は石田先生を、教師として、人生の先輩として尊敬している。
私もこんな先生になりたいものだ…

「すみません…じゃあ、失礼します…」

静かに立ち、あまり音を立てずに体育館を出た。
…扉の音は、静かに出来なかったが、大丈夫だろう。


少女の曲がったあの先は、中庭に繋がる道。
途中に別れ道があったとしても、普通は真っ直ぐ行くはず…

「はぁ…」

…いた…

長い黒髪を風邪にそよがせ、噴水前のベンチにちょこんと座っていた。

その表情は--俯いていて、分からない。

ゆっくり近づき、そっと声をかけた。

「…君、新入生?入学式は始まっているけど?」

「ひゃっ…!?」

よほど驚いたのか、ビクッと体を震わせて、私を見上げた。
少女の黒い瞳が、真っ直ぐ私を見る。

…澄み切った綺麗な瞳をしている…魅入ってしまいそうだ…

これが、初めて少女と交わした会話だった…




**†あとがき†**
長くなってしまいましたね…
弟がいることが発覚。兄と違って生意気です
まぁ、いつか登場すると思います
どんな役にするかワクワクします…(>ω<)

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
堕天使エレナ
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵描き 執筆 読書 ゲーム 寝る 妄想 便せん作り
自己紹介:
うえのイラスト画像はいただきもの。
オンラインでは執筆を
オフラインではイラスト中心に活動中デス
ギャルゲー、音ゲー、RPG系、シュミレーションゲームが好き
格ゲーやアクションは苦手

感想・お問い合わせは下記マデ(☆を@に変えてねっ)
datennsierena☆yahoo.co.jp
小説のお仕事、有料無料、業者同人問わず受けます

バーコード

カウンター

アクセス解析

AX
Copyright ©  -- ビスケット通信 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ