忍者ブログ

ビスケット通信

小説(とたまに絵)を書いてるブログです。 現在更新ジャンルは本館で公開した物の再UP中心。 戦国BASARAやお題など。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

猫耳ア・ラ・モード(続き)3

【猫耳ア・ラ・モード】3




「…嫌いでは、ない」

結局そう答えるしか他無かった。
答えなければ答えなかったで、やれ仕置きだ
何だとされては身が持たぬ。

情人の手は尻尾を柔らかく擦りつつ、空いた
左手が尻の割れ目をなぞってゆき、辿り着く
すぼまりの部分で止まった。

「フフ、そうですよねぇ……いつも、此所に
 入れられて泣きながら悦ぶ貴方ですし…」

「んぁっ…うるさい、黙らぬか」

求められる旅に幾度と異物を受け入れたこと
のある其所は意図も容易く広がってしまう。
無意識に期待から奥が疼くのを感じる。

「ですが、本当の事でしょう?」

こうも浅ましい体にしたのは光秀だろうと、
胸裏で悪態づく。

「ふん…否定はせぬ。肯定もせぬ」

そっぽを向いて話を曖昧にしたつもりだが、
其れが子供染みた反応だと言われたのを思い
出して、どうしようもない気持ちに至る。

「そうですか…クク…」

見透かされた嘲笑。
何故こうも光秀如き相手に易々と翻弄されね
ばならぬのだ。

「あぁ…そういえば竹中殿に『イイモノ』を
 更に調達していただいたんですよ…」

良い物とは何だ。
訊いてはならぬような、だが訊かねばならぬ
のだが、どちらにせよその良い物を窺知する
ことには代わり無い。

とはいえ、訊いておくに越したことは無いと
腹をくくり、案出の末に口を開きかけた時、
ガサリと物音がし、光秀の手中に黒を基調と
した細い首輪が握られていた。

「…貴様、何をする気だ」

首輪が情人の手の上にある時点で何に使うか
は一つしか無いのだが。

「勿論貴方につけますv」

という予想通りの楽しそうな返答に、もやは
抵抗する気力も湧かず、されるがままに首輪
を付けられる。

「気紛れな貴方にとてもお似合いですよ…」

カチリと手綱を付ける。
猫に手綱が必要なのかわからぬ。

「戯れ言、くっ…」

突如手綱を引っ張られた。
いきなり前に引かれた事によって、首が反り
返り一瞬息が詰まる。

「なっ…何をするっ!無礼者っ」

なんとか首を起こし、体を支える為に両手を
つけば、ぴしゃりと良い放つ。
今更こ奴に罵倒が効かぬのは分かっている。

そして無言の笑顔で緩められた手綱。
歯向かえばこうなるとでも言いたげな笑顔。
…どんなSMだ。
そんな趣味は無いと睨むも、腰が引き寄せら
れて赤子の様に膝上へと乗せられる。向かい
会わせに面を見合うこの体制は好かぬ。身長
差が歴然としてしまう故に好まない。

「良い事を思い付きました」

「な、んぅ」

何をだ。返答に開いた口は突っ込まれた指に
よって言葉が遮られた。
逃れようにも舌をなぞり、挟み、掻き乱して
弱い部分を攻める故に翻弄されるばかり。
あまりの乱雑で刺激を与えられた口内に唾液
が溢れ、収まりきらなくなった分が口の端か
ら零れ落ちた。

「ん、ぅ…は…っ……貴様」

解放された口を拭い、屈辱に光秀を睨む。
詫びの印か、掌の上に口付けられる。
次いで落とされる口付けは腕の首。
腕の首へのキスは、欲望の表れだと何処かの
誰かが言っていたのを思い出す。思わず頬を
赤らめた。

「ククク…まるで女性のよ」

「!うるさいっ」

即座にヘッドバッド、いや別称頭突きを顎に
食らわせれば実に愉快な音がした。
女顔とか童顔などと言われるのが大嫌いだと
常日頃申しておるのに、こやつは敢えて斯様
な事を言う。

「あぁ…痛い痛い…せっかくの雰囲気を
 壊さないで下さいよ…」

何処と無く嬉しそうに見えるのは気のせい
だろうか。頬が緩んでおるわ。

「一方的な行為であろう」

寧ろ強姦だ。
否、強姦紛いなのはいつもの事なのだが。

「歯向かいましたのでお仕置きですよv」

「無視かっ!挙げ句仕置きだと?!」

じたばたと押し退けて逃げようともがくも、
腰をしっかりホールド…掴まれている故退く
に退けぬ。

「その無駄口…
 叩けなくしてさしあげましょう…」

「っくぁ…ぅ」

にっこりと、実に腹黒い黒笑と共に、尻尾を
きつく握られ悲鳴ともつかぬ声をあげる。
次いで離されれば、もふもふと獣耳が撫でら
れた。何が言いたいかよくわからない。

「ふふ、私の方が立場は優位だというのを
 くれぐれもお忘れ無く…あ、
 そうそう、明日はお休みでしたよね?
 今日は沢山可愛がってあげますから…」

結論、今日は一日離してもらえそうにないら
しい。長旅で身体に疲労が溜まっているのだ
が今更ああだこうだ言っても負け犬の遠吠え
程度の反抗にしかならない気がする。
明日起きたらベッドから起き上がれないだろ
うな…などと、与えられる快楽に身悶えつつ
思ったのだった。



―――――――――――
2010/3
【猫耳ア・ラ・モード】

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
堕天使エレナ
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵描き 執筆 読書 ゲーム 寝る 妄想 便せん作り
自己紹介:
うえのイラスト画像はいただきもの。
オンラインでは執筆を
オフラインではイラスト中心に活動中デス
ギャルゲー、音ゲー、RPG系、シュミレーションゲームが好き
格ゲーやアクションは苦手

感想・お問い合わせは下記マデ(☆を@に変えてねっ)
datennsierena☆yahoo.co.jp
小説のお仕事、有料無料、業者同人問わず受けます

バーコード

カウンター

アクセス解析

AX
Copyright ©  -- ビスケット通信 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ