忍者ブログ

ビスケット通信

小説(とたまに絵)を書いてるブログです。 現在更新ジャンルは本館で公開した物の再UP中心。 戦国BASARAやお題など。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

猿飛佐助朝の1コマ(佐幸/学バサほのぼの/凜天華様へ)




 早朝の4時30分。
俺様はこの時間になると勝手に目が醒める。
これはやっぱり長年の生活だからなのだろう
けど、目覚ましいらずなのは昔からのちょっ
とした自慢さ。

まずは台所で、電子レンジで温めるものを
セットしていく。1日はそこから始まる。

直ぐさま洗面所で顔を洗い歯を磨き、寝癖を
直した。跳ねた髪は寝癖がつきにくくて結構
助かる。幾分髪を整えてから、鏡の隣の小棚
を開けて、今日学校にしていくヘアバンドを
選ぶ。実は10種類くらいあるのは俺様だけ
の秘密だったりする。

びしっとヘアバンドを装着して、それから
台所へと向かい、朝食の準備をしながら旦那
のお弁当を作る。

そういえば卵が無いんだった。
これじゃあ旦那の大好物の甘い厚焼き玉子が
作れない。俺様としたことが迂闊なミスを
するだなんて…こうなりゃ仕方ない、小さい
ハンバーグでも入れておくか。
あと昨夜の残りのからあげを入れて…あ、肉
ばっかりじゃん。そういえば冷蔵庫にプチ
トマトがあった気がする。それも詰めてあげ
て、あとはレタスと冷凍食品のポテトを詰め
れば良いかな…
ざっとお弁当の中身を想像しながら、材料を
準備していく。

そのうち先ほど電子レンジにかけておいた
牛乳を取り出し、砂糖を大さじ三杯ほど入れ
てから盆の上に乗せて片隅に置いておく。
因みにこれは俺が飲むんじゃなくて旦那を
起こすために飲ませるためのもの。旦那は
糖分を摂取しないと1日が始まらない。
困った旦那だよ全く。

溜息吐く暇もなく、空いた電子レンジに冷凍
していたミニハンバーグの解凍を始める。
それから、ウインナーと冷凍食品のポテトを
調理しつつ、レタスとキュウリを切る。

もうその後は時間との勝負で、時計と手元に
視線をあっちこっちさせながら手元を忙しな
く動かすの繰り返しさ。

旦那を起こす時間だからフライ返しを置いて
変わりに盆に乗った牛乳を持ち、どたばたと
旦那を起こしにいく。さて今日は何分かかる
だろうかと苦笑を浮かべた。

牛乳の乗った盆を机に置いて、旦那を起こし
にかかる。

「旦那、朝だよ」

まずはぽんぽんと肩を叩く。
これでは絶対起きないけどね。

「んん…うにゅーん…」

何がうにゅーんだ。
次いで肩を揺さぶりつつ旦那旦那と連呼して
みるも相変わらず、うーとかむぁーとか
寝ぼけた声を発するだけで全く起きる気配は
しない。

「旦那ぁ…学校遅れるよー?」
「眠い…もう少し…」
「駄々捏ねないの!」

まぁ、旦那らしいっちゃ旦那らしいんだけど
旦那を起こさなきゃ学校行けないんだよ。
それは俺様困るから。いや別に出席率は高い
し勉強も出来るから俺様がどうこうじゃなく
て、旦那は勉強出来ないし1日の出席が大事
になってくる。内申に響いたらそれこそ大将
怒るだろうしその矛先が俺様にも少なからず
向かってくるから巡りめぐって俺様が困るっ
てワケよ。

「ねぇ旦那、ホットミルクあるよ」

少し冷めてるけど旦那にはこれぐらいが丁度
良い。

「……む…」

ぱちっと開いた瞼はまだしょぼしょぼとして
て、未だに夢をみているような顔をしてる。
あらら、こりゃなかなか起きなさそうだわ。

渋々と少し身体を起こして座らせて、ホット
ミルクを目の前に出す。

「ほら旦那、ホットミルク。飲んで」
「にゅ………zzZ…」
「座ったまま寝るなっ!」

どこの赤ん坊だよって溜息吐きたくなる…
ああもうこうなったら強制手段いっちゃう?
旦那は絶対破廉恥って怒るけどやっぱりそれ
しか無いからさ。ま、いつもの事だし。

ぐいっとホット…温いミルクを口に含んで、
旦那の頬を掴めば口を抉じ開けて咥内に流し
込む。あー、絶対旦那に殴られるわ。

「ぐっ、ん、んんん゛ーっ?!
 ふん゛んぐぐーっ!!」

翻訳、たぶん
「ぐっ、な、佐助ーっ?!
 何をするーっ!!」
って言ってると思うけど無視してそのまま
ディープキスを続けていたらやっぱり旦那に
横パンチを食らった。
そのまま気を失ってしまって学校に遅刻しか
けたのは計算外だったのだけれど、朝一から
美味しい思いが出来たから、まぁ、良しとし
とかないとね。
はぁ…やっぱり俺様旦那に甘いなー…




ちなみに厚焼き玉子はどうしたと昼食時に
もう一発殴られましたとさ、おしまいだよ。



―――――――――――――――
2010/5/6


↓あとがき↓
学校バサラの佐助の朝はこんなんだと思う。
というか本当はお昼の話まで書きたかったん
だけども書いてたら色々あって結局断念しま
した(泣)
そして相変わらず些かアレなオチで申し訳な
いと思います。町内一周して反省したいと
思います、いえ冗談ですけど。
何か微妙な仕上がりになってしまいましたが
3回くらい加筆修正を加えた結果です力量の
浅さを笑ってやってください…
まぁ…こんな佐幸でも良ければ、凜天華様、
貰ってやって下さいな。
今回はリクエストありがとうございました!
気が向いたら感想ついでに次なるリクエスト
とか頂けたら嬉しいです。
―――――――――――――――
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
堕天使エレナ
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵描き 執筆 読書 ゲーム 寝る 妄想 便せん作り
自己紹介:
うえのイラスト画像はいただきもの。
オンラインでは執筆を
オフラインではイラスト中心に活動中デス
ギャルゲー、音ゲー、RPG系、シュミレーションゲームが好き
格ゲーやアクションは苦手

感想・お問い合わせは下記マデ(☆を@に変えてねっ)
datennsierena☆yahoo.co.jp
小説のお仕事、有料無料、業者同人問わず受けます

バーコード

カウンター

アクセス解析

AX
Copyright ©  -- ビスケット通信 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ