忍者ブログ

ビスケット通信

小説(とたまに絵)を書いてるブログです。 現在更新ジャンルは本館で公開した物の再UP中心。 戦国BASARAやお題など。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

闇に囚われた光(?→元就/シリアス)


※誰かに監禁されてますが別に痛くない。
相手はご自由に想像して下さいな……









トントントン


扉を叩く音で、意識を覚醒させられる。
今が朝方なのか、昼間なのか、夜なのか辺り
は真っ暗で全く判らないのだが、外から聴こ
えてくる鈴虫の音色からして、今は夜間なの
だろう。


トントントン


「…何用」

もう一度、扉を叩く音。
今度は返事を返した。

ここに来た初め無視して返事を返さなかった
頃もあったが、返事を返さねば食事は愚か水
すらも与えられぬのかと理解して、それ以来
最低でも二度目には返事を返すようになって
いる。

されど扉が開く事はなく、扉の向こに居る者
から返答が帰ってくる事も無い。何をする訳
でもなく、其所に立っているだけだ。

時より、食事を持って来る時以外にも誰かは
来る。おおよそ見回り、見張りだろう。

嗚呼、そういえば最近日輪を拝んでいない。
いい加減黴が生えそうだ。

「今日は、晴れていたか」

トン

扉が一度叩かれる。
今日は晴れていたようだ。
良い日輪日和だったらしい。

…ここで得た事といえば、食事の時は五回、
見回りの時は三回、此方が質問した事に対し
てそうである場合は一回、そうではない時は
二回、帰る時は四回、相手は扉を叩くという
事と、扉の向こうの者は殺気を持たないこと
からして我を殺す気は無いという事。

何故殺されぬのか、問おうにも決して答えが
返ってくることはないため聞くのは無駄だと
諦めた。

ならば、我に何らかの利用価値があるか?
当主とはいえただの毛利家の一駒に過ぎぬ。
自分の価値、など考えても何も利は出ない。

例え外の者に相手に利があるよう交渉を持ち
掛けようにも相手が我に何を求めているのか
分からなければ、策の打ちようもない。




ここに入れられてから幾日、幾月経ったのか
もう既に数えるのは辞めている。知りたいな
どとも思わなくなった。
それだけ

生い立ちは何だったか、思い出せぬ。
毛利が戦に負けた?就寝中の奇襲?
それとも家臣の反旗か?

忘れた。
思い出したくもない。


「貴様は竹中か?」

答は、無い。

「貴様は長曽我部か?」

答は、無い。

「貴様は松永か?」

答は無い。

「貴様は、明智か?」

やはり、答は無い。

「貴様は、」

トントントントン


質問しようとして、まるでそれを遮るかのよ
うに四回、扉を叩く音が聴こえた。小さく舌
打ちを返せば、相手が薄く笑ったような気が
し、怒りを越えて肩の力が抜ける。

外界との接触が絶たれた。
我はまた一人だ。

壁に寄り掛かり、毛布を手繰りに寄せた。

寒い。季節がもう冬に近いのだろうか。だと
したら凍死するやもしれぬ。別に、それでも
構わない。何だって良い。この下らぬ日々に
終演を迎えられるのならば。



終わり
―――――――――
本館にUPしたもの。
相手は風魔か、久秀か、光秀なのか半兵衛か…妄想は無限。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
堕天使エレナ
HP:
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵描き 執筆 読書 ゲーム 寝る 妄想 便せん作り
自己紹介:
うえのイラスト画像はいただきもの。
オンラインでは執筆を
オフラインではイラスト中心に活動中デス
ギャルゲー、音ゲー、RPG系、シュミレーションゲームが好き
格ゲーやアクションは苦手

感想・お問い合わせは下記マデ(☆を@に変えてねっ)
datennsierena☆yahoo.co.jp
小説のお仕事、有料無料、業者同人問わず受けます

バーコード

カウンター

アクセス解析

AX
Copyright ©  -- ビスケット通信 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ